浮気調査なら名古屋女性探偵社

浮気調査お任せください、女性探偵が貴女の立場で承ります。

TEL.052-693-9110

〒460-0022 名古屋市中区金山5-2-30

blog

別居中の奥様の浮気

数日前に奥様が子供を連れて出ていき、子供を連れて別居して子供と奥様と住んでいる状況です。妻の妹から聞くところ、長女の高等学校のソフトボールの監督と浮気しているようで月に一回くらい相手男性と泊りで会っているようなので、浮気の証拠をとりたいとのことです。

調査1日目15時半ごろ奥様は家をでてイオンの駐車場で50代の男性と待ち合わせをして男性の車に乗り、ラブホテルに行き二人はチェックインしました。

夜10時頃2人はホテル裏口からタクシーに乗り名古屋市内の繁華街の居酒屋で食事をして酒屋で酒を購入しタクシーで同じホテルに戻り二人で一晩過ごしました。

同ホテルを翌朝8時頃チェックアウトして二人は相手男性の車に乗り、ファミリーレストランに入り二人で朝食をとった。その後車に乗り本人は男性の車両から降りて妹のマンションに入っていった。

本人は相手男性とホテルで一晩過ごしてタクシーの中でも男性に寄りかかったり路上で手をつないで歩いていることから不貞関係にあることは間違えないと確認できました。

大学に通う奥様の浮気

50代のご主人からのご依頼です。奥様は大学に通っています。家族も協力し合ってうまくいっているように思えたが最近は奥様が空白の時間があったり、自宅のリビングのソファーの下にスキンのゴミが落ちていたりしていました。

奥様の、浮気の調査の依頼です。

調査1日目早朝、8時ごろ子供を連れてマンションから出てきて子供を幼稚園に送り地下鉄で大学に向かいました。午前9時に学校に到着しました。夕方5時ごろ大学から奥様が出てくると地下鉄で50代の男性と待ち合わせしました。

そのまま奥様の自宅マンションに2人で向かい、自宅マンションの一階あるレストランで夕食をとり、自宅マンションに入っていくところを確認できました。

調査2日目奥様の通う大学から夕方4時過ぎに調査開始しました。

大学から奥様は相手男性の車に乗り大学から車で出てきました。そのま自宅付近の地下鉄の駅の前で車から降り帰宅したようです。

3日目早朝8時頃、自宅から自転車で幼稚園まで子供を送った後、自宅に戻りました。午前9時に相手男性が自宅マンション近くのコインパーキング車をとめて自宅マンションに入っていきました。お昼過ぎ12時半ごろ二人でマンションから出てきて、相手男性の車に乗り大学に行きました。

調査の結果この相手男性は大学の教授であることが確認できました。

調査4日目、自宅マンションで待ち台せをしてマンション一階のゲストルームを借りて二人で過ごしていることが確認できました。ゲストルームの外から声が漏れていたので不貞行為があったことは間違えないようです。

離婚をほのめかす夫の浮気

奥様からの相談で最近、急に夫が「仕事が忙しい」と言い出したり、「1人になりたい」というようになった。

「息子の受験が終わり次第家をでて行きたい。離婚して子供の養育費は半分払うが妻の生活費は払わない」と一方的に言い出したので他に女性が出来た可能性があるということで調査の依頼がありました。

調査1日目、ご主人の会社の忘年会ということですのでその後のご主人の行動から確認するために、ご主人の会社から調査を開始しましたがご主人は会社にはいなかったので、ご主人は忘年会の会場に現れると判断しご主人の会社の他の社員が乗った2台の車を追跡しました。

しばらくして忘年会の会場のお店の前で待機していると、ご主人がお店から出てきて、誰かを待っている様子です。その後、女性がお店から出てきて急ぎ足でご主人の姿を追い合流して二人で歩きだしました。

2人はコンビニに寄り、その日はそのまま少し車の中で会話をして女性と別れてそれぞれ帰宅しました。

2日目の調査開始しましたがこの日はご主人は仕事をしてそのまま帰宅する様子で女性と接触はみられませんでした。

3日目の調査では、ご主人がボーリング場の店舗の駐車場に車をとめて、ご主人はくわえたばこをしながら女性をエスコートし助手席に乗せました。その後しばらく車で走ると、午後12時ごろ二人はラブホテルに入りました。夕方4時ごろに2人がラブホテルから出てくると車に乗り走り出しました。ドンキーホーテにで女性を下してその後、一人でスーパーに寄り帰宅しました。

4日目、午前11時ごろご主人はドン・キホーテの駐車場に車で待っていると相手女性と待ち合わせをしていた様子で、女性がご主人の車の助手席に乗車し二人で車の中で会話をしてその後二人それぞれ帰宅しました。

5日目、レジャー施設の駐車場から調査開始しました。午後6時に2人で車から降り肩を抱いて仲良く歩いてレジャー施設の中で2人で入っていき一時間半くらい一緒に過ごした後、車に2人で乗りドラックストアに2人で入りその後、女性を自宅に送り届けました。少しすると忘れ物をしたのか女性の家の近くに戻り、数分後女性が現れて忘れ物を受け取り女性は帰宅し、ご主人は自宅に帰宅しました。

調査した結果二人は、ほぼ毎日会っており不貞行為をしてると間違いありません。女性はパート勤務の様子で不定期の勤務状況であり勤務が休みの日はほぼご主人と会っており、朝待ち合わせをしてラブホテルで休憩したり、外食したりゲームなどを一緒に楽しみ夕方まで共に過ごしている様子でした。

 

 

子持ち女性との不倫

40代の夫が最近、キャバクラ嬢か風俗の女と浮気をしているので調査の依頼がありました。

奥様は離婚する気はないので不倫している証拠をとってその女と別れさせたいとのことでした。

ご主人の自宅から調査開始しました。

調査一日目、午後8時ごろご主人は車で自宅を出発した後、病院の駐車場にとめてとなりに駐車してある軽自動車の50代の女性が車に乗り込み、ご主人の車内でみだらな行為をして女性はその後ご主人の車から降り、自分の軽自動車にのって別れました。

調査二日目、ご主人は車で自宅をでて資材置き場の倉庫に行き高速に乗り相手女性の自宅のアパートに行きました。少し経つと相手女性のアパートからご主人が子供を抱っこして相手女性のアパートから出てきました。ご主人の車に乗りご主人と相手女性は名古屋市内の総合病院の駐車場に入り相手女性とご主人は子供を抱っこして病院へ入っていきました。受付機で受付をすませ、小児科の待合所にて呼ばれるのを待っていました。診察が終わると車に乗り、飲食店の駐車場に止めて昼食を食べていました。一時間ほどするとお店から出て次はショッピングモールに入り、子供を連れてベビー用品店に入りベビーカーを子供に試乗させたり買い物をしている様子でした。ベビーカーを購入し、ベビー用品を数点購入し子供に買ったばかりのベビーカーに乗せていました。

駐車場にベビーカーを車のトランクに積んで相手女性のアパートに三人でまるで家族のように相手女性の家に入っていきました。少しするとご主人だけ出てきて帰宅する様子です。

子供は乳児で、まだ小さいことからご主人の子なのか別の男性の子供のなのかはわかりませんが、二重生活をしてるご主人の様子が今回の調査で発覚しました。

 

水商売の女性との浮気

ご主人には奥様には秘密にお金が入ってきてへそくりがたくさんあるそうです。

最近、夜に外出することが多くなりキャバクラやヘルスなど風俗店に出入りしており、そのお金で遊び始めているそうです。

帰宅が遅くなったり夜中に突然出かけたりするので浮気の真意を確かめたところ夫は浮気をしていると白状しました。

奥様とは体の関係がないため夫婦関係がないから不倫にならないとご主人は開き直りなおり、挙句、二人の子供たちにも父親としての愛情もほぼないそうです。ご主人はご自分の色恋しか考えていない様子ですが、奥様は子供いますし離婚におおじる気持ちは全くありません。

お目当てのキャバクラ嬢がいる時は女性が勤務しているお店に通うのでお店が閉店して女性の仕事が終わるころからの調査を開始しました。夫がその女と接触する可能性がある怪しい日時に調査員2人で調査を開始しました。

ご主人は相手女性のお店付近に車をパーキングに止めて相手女性の勤務しているお店に入りました。

一時間弱位、女性のお店で飲んだ後パーキングから車をだして相手女性がお店からでてきて、助手席に乗りました。

2人で車に乗り、名古屋市内のスーパーの駐車場の店舗に車を止めて二人で車の中で会話をしている様子です。駐車場から出てくると今度はコンビニの駐車場に停止して数分でまた移動した後、公園付近に駐車させて一時間ほど会話をしました。その後、車を発進し相手女性の自宅前らしき道路脇に車を停止させました。

車から二人で降りてきて相手女性は、不機嫌そうな顔をしてご主人の頬に何度も平手打ちしました。ご主人は怒った様子で車に乗り込み、その後相手女性は車に乗っているご主人のところにかけより、何か会話をしていました。会話が終わって、相手女性は自分の自宅に帰宅し、調査を終了しました。

次の日のお昼ごろ、ファッションホテルからご主人と相手女性が出てきて女性を自宅まで車で送り調査を終了しました。

この相手女性はご実家に住んでおりなお、お給料が普通のお仕事より高収入であると思われるので、奥様はこの女性に損害賠償を請求するそうです。

調査の結果おそらくこの相手女性はご主人とお付き合いしているというより、女性はご主人に枕営業をしていたと思われる様子でした。ですがご主人はこの相手女性に本気で惚れて必死な感じの様子でした。

相手女性はご主人に愛情はないので、賠償請求をされたらきっとこのお付き合いもそのままフェイドアウトしてしまうでしょう。

 

夫の家出の行方

20台の女性の奥様から、ご主人の浮気と家出の調査をしてほしいとご依頼がありました。

ご主人は半年前に浮気をしている様子でした。突然家出をして消息不明ですのでご主人の居場所を突き止めて、この先のことを話し合いたいということでした。

奥様は、他の調査会社に以前調査を依頼しましたが、これ以上調査しても見つからないということで何も解決しなくて調査料金50万円だけ請求されたそうです。

独自のデータ調査をしたところ、滋賀県にご主人は40代の子連れの女性と小さいアパートでひっそりと同棲生活を送っていることがわかりました。

勤務先も同じであることから同じ会社で勤めていました。

相手女性と同棲生活を送っている様子の報告書をお渡ししました。

 

二年前の相手女性

30代で小さい子供さんがいらっしゃる浮気調査の依頼がありました。

2年間にご主人は浮気を発覚して、その女性とは別れて夫婦で話し合いをして

夫婦関係を修復したところでした。

最近、二年前に不倫していた同じ女性とまた付き合っているようなので、証拠を突き止めてその相手女性と2度と会わないように別れさせたいと依頼がありました。

奥様は、相手女性の氏名と住んでいるところは、2年前に浮気が発覚した時の情報でわかっていますが、その女性の顔は知らないとのことでした。

調査一日目ご主人は仕事帰りに行動調査を開始しました。会社の事務所を車で出発し、相手女性の自宅マンションの駐車場に自分の車を駐車しました。相手女性の自宅マンションにインターホンを押し女性が迎え入れて相手女性の自宅に入っていきました。

数時間後、相手女性とご主人が二人で女性宅からでてきて女性の車にのり和食のお店へ入り二人きりで食事をしていました。

しばらくして2人は女性のマンションにもどり部屋から出てご主人の車に2人で乗車し、ご主人の会社の事務所の駐車場に車を止めて、ご主人だけ会社の事務所に入って仕事の用事を済ませているようでした。相手女性はその間、ご主人の車の中でスマホを見たり待っていました。

午後10時ごろまた二人で女性の自宅に戻り、ご主人は一晩相手女性の自宅に泊まり朝方5時半頃に相手女性の自宅から一人で出てきて一旦、自分の自宅に帰宅しました。

その後、2回仕事帰りから朝方まで行動調査した結果、3回とも同じような行動パターンで女性と不貞行為していることが判明しました。

浮気相手は奥様の疑いと2年前の不倫相手と同じ女性であり、予想通りでありました。

最近は1週間のうち3日くらいは相手女性の自宅にお泊りをして朝帰りをする生活をしていることが判明しました。

奥様は、こちらに相談しお話を聞いた時には、離婚は考えていなくて証拠をとりたいとおっしゃっていましたが、調査終了後、報告書をみて事実を知った奥様はご主人に裏切られたことでご主人のことを信じていくことが出来ないので離婚を決意されていました。

まだ小さい子供がいるのに不貞行為をする男性が最近よくご相談にみえます。

相手女性が、既婚者と知りながらお付き合いをしたりすることは、不法行為とみなされます。

もし不倫の事実が発覚した場合、不貞行為となり裁判などで認められた場合、損害賠償が請求されたりする場合もあります。

 

 

ゴルフ帰りの浮気

30代女性からの相談で3年前から夫が浮気をしているが気づいていないふりをしているので浮気調査の依頼です。最近、朝帰宅することも多くてゴルフの帰りに会っている予感がするそうです。

ご主人が ゴルフの予定の日に調査を開始することとなりました。ゴルフ場の駐車場にご主人がゴルフの帰りの様子を確認しました。その後ろをショートカットの若い女性と一緒にいました。

2人は車に乗車し、関西方面に向かいホテルの飲食店で食事をしました。

店から出てくると別のシティーホテルに入り一泊しました。翌日の朝2人はフロントに現れユニバーサルスタジオジャパンのチケットをホテルで購入していました。

その後ユニバーサルスタジオジャパンに行き二人でいくつかアトラクションに乗り、ショップに入りお土産売り場で2人で腕を組んだりしてカップルらしい様子でした。

夕方には、ユニバーサルスタジオジャパンから出てきて車に乗車し、近くの飲食店で食事を済ませ、車に乗車し高速道路にのり名古屋方面へ向かいました。途中サービスエリアによったりしながら、20時頃に相手女性を女性宅近くに送り終了しました。

初めの奥様の予想通りゴルフの後に女性と会っていることが今回の調査で確認できました。浮気相手の女性のルックスがそれほどいいわけではなく、そこら辺の女性のイメージでしたので、奥様は想像していた様な女性とは違っていたので、正直驚いていた様子でした。

奥様はご主人とは離婚することは考えていないので、ご主人の車にGPSをつけて今後ご主人の行動を把握して様子見ていくそうです。

 

ご主人の浮気相手の真実

十年位からご主人の会社で雇っている、子供が二人いるシングルマザーの女性と不貞関係にあるのを依頼人の奥様は気づいていまして、その女性と別れさせて、ご主人の会社も辞めてもらいたいので、その証拠として浮気調査の依頼がありました。ご主人は休日の午前中はだいたい、ジムに行くといい出かけて女性と会っていると思うと奥様は言っておりましたので、休日の午前中に調査を開始しました。一日目、休日の朝,車に乗りスポーツセンターに行き一時間くらいトレーニングをした後、スポーツセンターから出てきたご主人は、会社へ向かいました。会社の駐車場には40代とみられる女性が外車に乗ってご主人を待っておりました。二人で外車のディーラーに行き、車をみたりしてからご主人の仕事の用事を済ませるために、一度二人は別れてから数時間後二人は待ち合わせをして再開しました。

その後二人で付近のファッションホテルに入っていき、二時間くらいしてからファッションホテルから出て名古屋市内のショットバーに入店し二人で飲んだ後近くの飲食店で一時間半くらい過ごし、再びタクシーで移動し、名古屋市内の飲食街のビルの前で下車しました。二人はそのビルの階段付近で言い合いをしている様子でしたが、しばらくするとご主人は女性を引き寄せキスをしていました。その後も二人はビルの下でおしゃべりをししばらくすると別れました。女性はその後ご主人を探している様子でしたが、再び合流し初め飲んでいたバーに再入店しました。30分くらいすると、近くのビルに入って踊り場でキスをしたりした後、二人でタクシーに乗車し、ご主人は自宅付近で下車し、その後タクシーでそのまま女性だけ乗って女性の自宅前で下車しました。女性の住んでいるマンションはが判明しました。

二回目の調査でも同じようにデートをしてその後ファッションホテルに入る様子でした。複数回二人で会ってホテルに入っていく様子を証拠としてとって調査を終了しました。不貞行為があったことは確認できましたが奥様が初め疑っていたシングルマザーの女性とは全く違う女性であることが判明しました。奥様はご主人とは別れる気持ちはないので、今後不貞行為がないようにさせるために、女性の身元を確認次第、相手女性に損害賠償請求するそうです。 浮気調査でもはじめ想像していた予想とは違う場合があったり真実は予想外であったりする場合もありますので、悩んだり考え込んだりするより、事実を突き止めるために調査を依頼する方が、この先どうするべきなのか明らかになると思うので悩んだりしている方はぜひ調査のほうをご依頼ください。









仕事中に浮気する夫

ご主人が仕事関係で配送する先で、仕事中、日中に女性と頻繁に会っている可能性があるので浮気調査の依頼にみえました。

先日、ご主人のスマホのラインのトークに女性とやり取りしている形跡があるため、チェックしたところホテルで待ち合わせしている様子でした。

ラインで約束してる日時に調査開始しました。ご主人はお店の店舗の駐車場に車をとめて誰かを待っている様子でした。そこに乗用車に乗った30代の女性がご主人乗せて駐車場を出ました。

ご主人とその女性は、そのままファッションホテルに入っていきました。三時間ほど滞在して出てきたところ車の中でキスをしている様子も確認できました。

その後ご主人の車がとめてある駐車場まで送りとどけ女性の身元を調べるために女性を尾行しました。

女性は、幼稚園に子供を迎えに行き、その後すぐ近くの中学校に女性の息子さんを車で迎えに行き自宅へ帰宅していました。

調査2日目、ご主人の仕事関係の店内を確認したところ、浮気相手の女性がそのお店で働いていることが判明しました。

調査3日目、相手女性が仕事帰りに車に乗ってまたある店舗に駐車場でご主人と待ち合わせしました。

ホテルに二人で待ち合わせをしてファッションホテルに入ってく様子を確認できました。

二時間後待ち合わせしていた駐車場で二人は別れるところまで調査しました。

女性の身元を調べたところ、女性にも夫がいる既婚者であることが判明しました。